雇用法

従業員が働くために着るべきもの

ビジネスの服装は、さまざまなオフィスのドレスコードでどのように異なりますか?

鏡でネクタイをまっすぐにするビジネスマン

••• タラ・ムーア/ゲッティイメージズ



を区別する ドレスコード さまざまなタイプをお勧めします ビジネススーツ オフィスは混乱しているからです。オンラインおよび 会社のドレスコード 、説明されているビジネス服装のオプションの範囲はかなり異なります。

たとえば、一部のビジネスカジュアルドレスコードでは、従業員が作業にスーツのコートまたはジャケットを着用することを推奨しています。他の人はジーンズを日常のビジネス服として許可します。スーパーカジュアルなビジネス服を好むが、襟のないシャツは禁止しているという人もいます。さまざまな推奨事項がありますが、従業員が仕事に何を着るのが適切かを知るのに苦労しているのは不思議ではありませんか?

ドレスコードは、最も一般的な従業員のドレスコードで許可されているビジネス服装の形式の程度によって区別できます。それはあなたがあなたの職場に適切なビジネス服装の選択を決定し、伝えるのに役立ちます。従業員の大多数は、自分のキャリアに適合し、成功し、成功したいと思っています。伝達された ドレスコード それらに1つ少ない要因を与える 心配したりストレスを感じたりする

あなたは好むでしょう シンプルなビジネス服のドレスコード 従業員を大人のように扱い、服装の決定を経営陣と従業員の裁量に任せます。実際、多くのHR専門家は、1段落を超えるドレスコードを持つことは、成人の従業員を子供のように扱い、 昔ながらの父性主義的な管理スタイル

ただし、一部の職場では、より洗練されたドレスコードポリシーが必要です。ザ 職場や業界の文化 これらの場合、期待がドレスコードを促進します。たとえば、ジーンズやカジュアルなシャツを着たファイナンシャルアドバイザーとは会いたくないでしょう。アドバイザーとしての尊敬を得るために必要な知識と経験を投影するために、彼らはプロのスーツを着る可能性があります。

ドレスコードの形式の程度に適したビジネス服

カジュアルドレスコード

ビジネス服装の形式の好ましいレベル 多くの、特にテクノロジー関連の職場ではカジュアルです。また、すべての職場で従業員がカジュアルな服装を行えるわけではないことも理解できます。

ビジネス服装の主な差別化要因 カジュアルな職場では、従業員がジーンズ、ショートパンツ、運動靴を毎日着用できるようにすることが含まれます。さらに、Tシャツ、サンダル、非常にカジュアルなズボンやシャツなどの衣料品も許可されています。

カジュアルなビジネス服装の環境であっても、他の従業員に不快感を与える可能性のある言葉、用語、または写真が含まれている衣服は受け入れられません。カジュアルな作業環境でも、擦り切れたり汚れたりした衣服は使用できません。

カジュアルなドレスコードは通常、従業員がビジネス会議、見本市、および顧客やパートナーが会社の敷地を訪れたときにドレスアップすることを奨励しています。

ビジネスカジュアルドレスコード

ビジネスカジュアルの服装規定がある職場では、従業員はカジュアルから一歩進んだ服装をします。指定されたドレスダウンの日を除いて、ジーンズは一般的にお勧めできません。ショートパンツ、サンダル、Tシャツ、サンドレス、タンクトップなどの服装はご遠慮ください。

ビジネスカジュアルな環境では、従業員は襟付きの半袖または長袖のシャツ、カーキやコーデュロイなどの素敵なパンツ、ベスト、セーター、カジュアルシューズを着用しますが、運動靴は着用しません。ジャケットやスポーツコートを着用することもあります。日常のビジネスカジュアルな服装でネクタイを目にした場合、従業員はシャツを着ている可能性がありますが、スーツのコートはめったにありません。

ビジネスカジュアルのドレスコードは、従業員がビジネスミーティング、見本市、および顧客やパートナーが会社の敷地を訪れたときにドレスアップすることを奨励する場合があります。ハイテクでカジュアルな企業では、ビジネスカジュアルはすでにステップアップしています。

スマートカジュアルドレスコード

オンラインのさまざまな情報源で、 スマートカジュアルビジネス服装規定 ビジネスカジュアルの服装と同じ意味で使用されます。ただし、スマートカジュアルドレッシングはビジネスカジュアルからのステップアップです。一般的に、ビジネスカジュアルのドレスコードを持っている職場の幹部やシニアリーダーは、スマートカジュアルを着て、個々の寄稿者の服を一段と高めます。

スマートカジュアルなビジネスウェアには、カーキ色から一歩進んだパンツやスカートが含まれ、ジャケットやセータージャケットと一緒に着用されることがよくあります。また、服装を向上させるジュエリー、ドレスシャツ、テーラードセーター、ベスト、ネクタイ、おそろいの革製アクセサリー、革製の靴とブーツも含まれます。

ビジネスフォーマルドレスコード

従来の作業環境 必要なビジネスフォーマルな服装 。この服装は、専門サービス、銀行、法律、会計、コンサルティングなどの業界や、本社などの場所では今でも一般的です。

ビジネスのフォーマルな服装には、ドレスシャツ、ドレス、ネクタイ、フォーマルな革のような靴、そして多くの企業ではホースや靴下を備えたスーツやジャケットが必要です。ビジネスのフォーマルな服装は 柔軟性が最も低いドレスコード 。一部の組織では、従業員はハイエンドのスマートカジュアルなビジネス服を着ることができる場合がありますが、それでもネイビー、グレー、または黒のドレススーツが必要な組織もあります。

見本市のドレスコード

仕事 見本市の服装 あなたの業界に依存し、 確立された規範 伝統的な見本市で。たとえば、テクノロジートレードショーでは、ビジネスカジュアルまたはカジュアルな服装が一般的です。会社や製品のロゴが入ったシャツも、これらのショーで働く従業員の標準です。専門サービス業界では、ビジネスフォーマルな服装が見本市での標準的なビジネス服装です。

見本市でのビジネス服装に関する最善のアドバイスは、標準的な業界のアパレルをできるだけ快適に着用することです。見本市や商談会でのビジネス服装のガイドです。

結論

職場ごとに異なる製品、サービス、および存在する理由があります。従業員は、適切なビジネス服装に対する組織の期待に応えたいと考えています。ドレスコードを明確にして、従業員があなたの期待に応えていることを認識できるようにします。それは公正なことです。同意?